ナチュラルすたいる

ナチュラルな暮らしが、好きな40代前半の主婦です。

簡単、網戸掃除!砂ぼこり、花粉、黄砂、PM2.5を落として、キレイな網戸にする方法!

今回は、網戸のお掃除です。

 

 

半年ぶり、くらいかな?

久しぶりに、網戸を拭いてみたら…。

 

 

その汚さに!びっくりしました!

 

 

カラフルな、マイクロファイバータオルが、一瞬で、灰色に!!

なりました…。

この間、拭いた時は、真っ黒でした…。

 

 

網戸の汚れ具合も、お住まいの地域や環境に、よって違うとは思いますが…。

 

 

f:id:ether8008:20191009122347j:plain

これが!

f:id:ether8008:20191009122411j:plain

軽く拭いただけで、こうなりました!

今回は、汚れを、確かめる為に、いきなり水拭きをしました。

いきなり水拭きは、目詰まりするので、NGです。

 

 

 

 

あたり前のことですが…。

網戸って、考えてみると、外にあって、いつも砂ぼこりなどに、さらされているわけです。

汚れているのは、当然ですよね…。

 

 

窓、網戸って、新鮮でキレイな、空気を取り込む所に、なります。

 

 

もし、網戸が、間詰まりしていたら…。

 

 

キレイな空気!どころか…。汚れた空気!が、入って来ます。

 

 

掃除していないと、風が通りづらくなり、汚れた所を通り、汚れた空気が、中に入ってくることに、なる…。訳ですね!

 

エアコンのフィルターと同じ感じ、ですかね。

 

 

でも、網戸の掃除って、色々と面倒くさいそうだし…。

汚れているように、見えないから、ついつい後回しに、なりがちです。

 

 

 

今回も、汚れを調べてから、効率の良い、お掃除方法を調べてみることにしました。

 

 

 

網戸掃除って、どれくらいの頻度で、やったらいいの?

掃除のやり方は?

道具や洗剤は、何が必要?など、網戸掃除の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

目次

 

 

網戸に付く、汚れって何があるの?

 

砂埃  

風に乗ってくる砂やほこり。

 

ほこりの性質は、そのままにして置くと、水分や油分を吸着して行き、取り除きづらい頑固汚れに、変身!します。

 

排気ガスによる煙や、すす

車から出る排気ガスや、工場から出る煙など。

 

花粉

杉や、その他の植物の花粉。花粉は、1年中飛んでいます。

 

杉花粉は、地域によって違いはありますが、毎年2月頃から飛び始めて、3月、4月に、ピークを迎え5月も飛んでいます。

 

この時、この厄介な花粉が、実は、網戸に、ホコリと共に、ついているそうです。

部屋の中に入らないように、時々落としたいですね…。

 

黄砂 

中央アジアのゴビ砂漠(中国からモンゴルにある。)、タクラマカン砂漠(中国のウイグル自治区辺り。)、モンゴルの黄土高原など、からやってきます。

 

文字通り黄色い砂や土です。

 

日本に、来るころには、小さな粒子になっています。

 

砂嵐で、巻き上げられた砂や土が、偏西風にのってやって来ます。

偏西風が、ふいている2月から5月にかけて、飛んできます。

(毎日、飛んでくる訳では、なく砂嵐や偏西風が、強い日です。)

 

黄砂自体は、それほど問題ないらしく、黄砂に付着して来る物質に、問題があるそうです。

 

 

PM2.5

粒子が、非常に、小さい大気汚染物質のこと。

 

直径2.5マイクロメートルと言い、髪の毛と比較すると、髪の毛の太さの1/30程度の大きさ。

 

非常に小さい為、吸い込むと肺の奥まで、入り込んでしまう。

アレルギーを誘発したり、症状がひどくなることがあるので、吸い込まない方が良い。

 

黄砂に、付着して飛んできます。

 

虫など

虫などが、張り付いていることもあります。

 

我が家の網戸には、何かの卵が、ついていました。なんだろう?

 

 

油汚れ 

キッチンの近くの網戸には、油汚れが付きます。アルカリ性の洗剤を使います。

 

タバコのヤニ 

ヤニの正体は、タールです。

 

油汚れに、なるのでアルカリ性の洗剤を使います。

 

 

網戸を掃除しないと…こうなる!

 

ほこりは、少しづつ網戸に、付着して行きます。

最終的には、網戸全体に、びっしり!と、つきます。

 

 

ほこりは、そのままにして置くと、水分や油分、汚れなどを、吸着していく性質がありますので…。

 

網戸についている、ほこりに…。

花粉や黄砂やPM2.5や汚れなどが、付着して行き…。更に、汚れが積もります。

 

 

それなので、網戸を、掃除しないで放っておくと…。

 

 

ほこり、汚れ、花粉、黄砂、PM2.5など、たくさんの汚い物質が付いていることになります。

 

 

そこを通ってきた、汚れた空気を吸うことになります…。

網戸を通って来た風には、以前ついた花粉やPM2.5が、剥がれ落ちて…空気と共に…入って来ているかも、知れません…。

 

 

ほこりが、汚れを吸着しますので…。

ほこりが、網戸についていると窓も、汚れやすくなるそうです。

 

 

 

 

網戸掃除の方法は、主に3種類

 

主に、ほこりを取る方法でご紹介します。

 

掃除機で吸う

網戸に、新聞紙や段ボールをテープで、固定して、反対側から、掃除機でほこりを吸う方法。

 

ブラシで払う

目の細かいブラシで、ほこりを掃く方法。

目の細かいブラシだと、細かい網目に入り、ほこりを、かき出せます。

 

ほこりを吸着させて取り除く

専用の使い捨てシートなどや、使い古しのストッキングなどを丸めて拭き、ほこりを吸着させながら取る方法。

 

 

網戸掃除で、気を付けること

 

 

網戸は、外せるタイプ外せないタイプが、あるそうです。

無理に外さないようにして下さい。又、外さなくても掃除は、出来ます

 

 

マンション、一戸建てと、お住まいの住居によって、水を使えない。音が出せない。

など、あると思いますので、ご自身のお住まいの環境により、掃除方法を考えて下さ

い。

 

 

水を使う時は、水が階下に垂れないように。

 

 

久しぶりのお掃除ですと、乾いたほこりが、びっしり!と、付いています。

ほこりが、お隣の洗濯物へ、付かないように、ご配慮下さい。

 

また、ご自身も、ほこりを吸い込まないように、ほこりをかぶらないように、ご注意下さい。

必要でしたら、マスクや帽子、メガネなどをお使い下さい。

 

 

 

水洗いだけでも、十分キレイになりますが、洗剤を使う場合は、網戸や窓サッシの素材を痛めない洗剤を使って下さい。

変色する場合があります。

 

 

掃除道具ですが、素材に傷をつけない道具を、えらんで下さい。

見えない傷が、無数につきますと…。傷に、汚れが入り込み、汚れが、なかなか落ちなくなり、掃除が大変になります。

 

 

 

 

網戸掃除の手順とやり方

 

網戸掃除前の準備

 

事前に、汚れの種類や、素材の確認などをします。

 

 

必要な、掃除道具や洗剤を揃えます。

 

 

ほこりや汚れを、かぶらないように、必要な装備をします。

帽子、めがね、マスク、汚れても良い服装など。

 

 

洗濯物をしまい、窓を必ず閉めておきます。

小さいお子様が、いらっしゃる方は、中から鍵をかけられないように、注意して下さい。

 

 

近隣住民や階下の方に、ご迷惑がかからないか、確認する。

水や、ほこりが、かからないかチェックして下さい。

 

 

 

ほこりを取る

 

ほこりは、乾いたまま乾いた物で取り除きます

いきなり水拭きをしますと、ほこりが、べったりと張り付き、目詰まりを起こして、逆に掃除が大変になります…。

 

 

まずは、乾いた物で、上から下へ向かって、ほこりを落としていきましょう。

 

 

この時、サッシの溝や気になる、ほこりも取って、置いて下さい。

(溝のほこりが、水にぬれると、掃除が大変になりますので。)

 

 

 

細かい網目の中の、ほこりを、かき出せる道具が良いです。

ほこりがたくさん舞うのが、困る方は、ほこりを吸着してかき出す、布のような道具などにする。

 

 

網戸を水でぬらす

 

スポンジなどで、網戸全体をぬらして、汚れを浮かせていきます。

 

水だけで、汚れが、落ちない所は、必要に応じて洗剤を使います。

(洗剤使用後は、しっかりと水ぶきをして、洗剤の成分をふき取ります。)

 

 

水拭き

水でぬらして、よく絞った雑巾で、拭きます。

 

外側だけでも良いですが、中側も拭くとキレイになります。

 

 

サッシの汚れも、拭いていきます。

 

網戸の乾拭きは、特に、いりません。

 

窓拭きもしたい方は、ついでに、して下さいね!

窓は、仕上げの乾拭きが必要です。

 

 

 

 

網戸は、何で出来ているの?

 

網戸の素材は、

 

ポリプロピレン素材ポリエステル素材グラスファイバーステンレスなどが、あります。

 

例えば、ポリエステルは、猫ちゃんワンちゃんの、ひっかきに強い…など。

その他、耐久性、耐熱性などの違いも、色々あります。

色々と、調べてみても、おもしろいですね!

 

 

 

サッシの素材は、

 

アルミサッシ樹脂サッシ木製サッシ、それらを複合した複合サッシがある。

 

サッシとは、窓枠として用いる建材のことです。

 

 

 

網戸掃除の道具

 

網戸のお掃除道具は、たくさん市販されています。

調べてみましたら、いろいろな物が売られていて、びっくりしました!

 

 

使い捨てのシート

洗剤が、染み込んだ使い捨てのシート

ほこり取りの道具

掃除機のような、専用のクリーナー

 

その他、便利そうな物が、たくさんありました。

 

 

 

f:id:ether8008:20191009122705j:plain

何年も前に買った、網戸掃除用の道具です。

繊維が網目に、よく入りますよ!

 

 

 

 

道具は、お住まいの環境に、合わせて選ばれると、お掃除も効率的ですね!

 

水をあまり使えない方は、洗剤が染み込んだシートで、汚れを取ったら便利そうですね。

 

ほこりを、極力飛ばしたくない方は、吸着タイプの物とか、

アレルギーだから、ほこりを吸いたくない方は、専用クリーナーや掃除機を使うとか。

 

 

楽しく探して、網戸掃除セットを、揃えてみても、いいですね!

もちろん、家にあるものでも、十分掃除できます。

 

 

f:id:ether8008:20191009122618j:plain

 車の洗車ブラシ、洗車用スポンジなども、使えます。

使いこんでいます…。そろそろ新しいのに、変えないと…ですね!

 

 

 

これだけあれば、掃除できる!

  

ブラシ

柔らかめで、目の細かいブラシなら、何でも使えます。

 

網戸を痛めず、たわませず、網戸の目のほこりが、取れれば大丈夫です。

 

洗車のブラシとか、障子貼りのハケとか。

家には、意外とブラシがあります。

 

 

スポンジとバケツ

網戸をしっかり水でぬらせるスポンジ柔らかいスポンジ

 

お風呂スポンジや、台所のスポンジなど。大きいと便利。

 

 

ぞうきん

水で、ぬらして、硬くしぼって使います。

 

雑巾をたくさん用意して、使ってから、掃除後に、まとめて洗っても良いですね。

 

 

 

 

 

f:id:ether8008:20191009122738j:plain

これに、水を入れたバケツを足して下さいね!

 

 

 

網戸掃除の洗剤

 

洗剤は、基本的に3種類あります。

 

中性洗剤か、酸性洗剤か、アルカリ性洗剤に、なります。

 

 

基本は、中性洗剤です。

中性洗剤でしたら、素材を痛めることなく、使えます。

少し薄めて使います。

 

使用後は、洗剤成分をしっかりとふき取って下さい。

 

 

 

基本的に、洗剤などを使いますと、素材が多少、傷みます。

洗剤を使ったら、しっかり水洗いするか、水拭きをして、洗剤成分を取り除いて下さい。

 

 

油汚れや、たばこのヤニ汚れは、アルカリ性の洗剤か、セスキ炭酸ソーダが、使えます。

ですが、サッシがアルミの場合は、洗剤などが付かないように、して下さい。

 

 

 

ひどい汚れは、無理をせず、プロの方に、相談されるのも良いと思います。

 

 

 

網戸掃除の頻度、タイミングは?

 

網戸掃除の頻度は、一般的には半年くらいが良いと、されています。

が…。

 

気が付いた時に、ブラシで網戸とサッシの溝を、掃いて置くと、良いと思います。

 

その方が、ほこりがたまらず、窓も、汚れづらくなり、掃除が楽になると思います。

 

ほこりは、そのままにして置くと、水分と油分を吸着して行きます。

ほこりは、軽いうちにササっと、取ってしまうのが、良いと思います。

 

 

掃除のタイミングですが、花粉と黄砂の時期は、時々、ブラシで掃く。

花粉と黄砂が、終わった梅雨前後夏の前には、しっかり掃除した方が良いと思います。

暑くなると網戸を使いますので。

 

 

 

その他、スケジュールに、組み込んで掃除する。

ご自身で、汚れたと思ったら、掃除する。など、考えてみて下さいね!

 

 

 

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。