ナチュラルすたいる

ナチュラルな暮らしが、好きな40代前半の主婦です。

除湿器を使い出したら時短だった話

 夏、真っ盛り!毎日、暑いですね。この時期は洗濯物がよく乾くので嬉しい季節ですね。

 

ところで、今年の梅雨は、長くて梅雨の晴れ間もなく洗濯物が、なかなか乾かなかったり、部屋干し特有のイヤな匂いがしたり…。

実はこの臭い、雑菌の繁殖や洗濯で落としきれなかった汚れ(皮脂汚れや汗など)が原因だってこと知っていましたか?

 

主婦の方は、これくらいは分かっていると思いますが、一人暮らしをしている方などのために、主婦の私からのワンポイントアドバイスです!!

 

まず、皮脂の汚れを落とすには、洗浄力の高い弱アルカリ性の洗剤を使うといいですよ!

また、汚れを落とす場合、洗濯物を詰め込んで洗濯機を回さないことです。
目安としては、7分目あたりが良いのではないかと思います。

 

一番良い方法は、洗濯物を50度くらいのお湯に入れ(無理なら水でも。)酸素系の漂白剤を入れてつけ置き(2時間程度)してから洗濯をすることです。

多分、このやり方が一番、汚れも臭いも防いでくれるのではないかと思います!

時間のない方や忙しい方は、部屋干しの用の洗剤を規定通りに使ってみて下さい。

 

少し話が脱線しましたが、以上のことを試してもダメだと言う方、そんな時に役立つのが、衣類乾燥機能が付いた除湿器です!!

目次

【除湿器が大活躍inリビング】

 

除湿器



 

我が家では、数年前に夫が、買って来てから除湿器が大活躍しています。因みに、コロナの除湿器です!

 

こんなにも、役立つものだとは正直思いませんでした!

夫には申し訳ないのですが、買って来てくれた当初は、こんなの役に立つのかねー。と正直、疑っていました…。

 

 しかし、リビングで初めて使用してみたところ、

え!?

 

f:id:ether8008:20190911122020j:plain

この部屋のどこに、こんなにたくさんの水があるの!?

と言うくらい水が取れました!その量なんと!3.5リットル!

3.5リットルという量にかなりビックリでした。でも、凄くないですか?

 

私なんて、この水何かに使えないかなー?もったいな~い!なんて思ったりもしました(笑)

 

さて、それでは早速、簡単、時短の家事に役立つ除湿器のお役立ちポイントを見ていきましょう! 

除湿器を使うメリット

  1. 洗濯物が早く乾く
  2. 部屋干しの嫌な臭いがしない
  3. 部屋中の湿気を取る
  4. 家じゅうの至る所に使えるので便利。


除湿器を使うメリットですが、こちらはあくまでも私が感じたメリットですので、人によってメリットを感じる感覚が違うかもしれません。

 

除湿器は本当に我が家では、必須アイテムです。子供の体操着、靴、夫の仕事着などを乾かすのに本当に便利で助かっています。

梅雨時期、冬季でも必ず翌日には乾いてくれます。

 

また、部屋干しをしている方で、あの生乾きの臭いを経験している方も多いと思います。除湿器を使うことで雑菌が増える前に衣類が乾いてくれるので、あのイヤな臭いはしません。

そして、部屋の湿度も下げられるので、ジメジメせずに快適に過ごせます。

湿度が下がるので、お部屋のカビや湿気臭い匂いも防ぐこともできます。

 

 除湿器の使える場所

  1. リビングや寝室で湿気を取って快適空間
  2. クローゼットの中、押し入れ、靴箱の中の湿気取り
  3. 脱衣所などの乾燥

 クローゼットの中?と思われた方もいるのではないでしょうか?
皆さんご存じだと思いますが、実はクローゼットや押入れは、湿気がたまりやすいんですよ。
冬までしまっていたジャケットにカビが生えていたという経験ないですか?
このカビは全て湿気が原因なんです。

最近は、雨が続き湿度が高く湿気が多い日が多いです。

大切なお洋服が入っている、クローゼット。お気に入りのお布団が入っている押し入れ。などは、しっかり湿度を取って、大切な物を守って下さいね!

 

小さいお子様やペットは、湿度が高いと体調を崩すこともあります。そんな時は、除湿をすると過ごしやすくなると思います。

 

脱衣場も湿度が高くなりやすく、湿気でカビやすい所です。カビが出るとお掃除が大変なので、できれば湿度を下げて、カビを防いで、お掃除いらずがいいですよね。

 乾燥できる物

  1. 洗濯物
  2. シーツなど

衣類乾燥機能がついた除湿器なので乾燥できるのは、衣類だけかな?と思いがちですが…。

靴やシーツなども乾かすことが出来ました。

 

大きい物や厚手の物は、乾くまでに時間は、かかりますが、それでも、雨の続く日には、非常に助かります。

 

今年の雨が続いた日は、実は、ずっとこれで乾かしていました。ガスの乾燥機のようにふっくらは乾きませんが、部屋干しの匂いもなく割とすぐに乾くので満足でした。

 

 

 除湿器のデメリット

  1. 持ち運びに少し重い
  2. 音が気になる
  3. 湿気は取れるけれど室温があがることがある
  4. 大量の洗濯物は、2台以上必要
  5. 洗濯物が乾き出すと湿度が急激にあがる
  6. 機種によっては電気代がかかる

除湿器のデメリットですが、こちらもあくまで、私が感じたデメリットですので、人によって感じる感覚が違うかもしれません。

私や一部の人には、便利でも、買ってみたら邪魔でしかなかった!なんてことがないように参考にしてみて下さい。

 

商品自体は、あちこちに動かせるほどは、軽くはありません。私は、ほとんど固定で使っています。

 

音も気になる人には気になります。私は、ちょっと気になる程度です。

 

除湿器を使用すると、室温が上がってしまうタイプがあります。夏の使用は、エアコンを少し強めに回さなければなりません。

 

衣類乾燥に使いたい方には、少量でしたら1台で良いと思います。3人以上の洗濯物だと快適に乾かすには2台は、必要かな?と思います。

 

除湿器の機種は、3タイプあり、コンプレッサー式デジカント式ハイブリット式です。

それぞれ、除湿方法がことなり、電気代と商品自体の価格も違ってきます。

 

除湿器選びのポイント

 

  1. 部屋の乾燥なのか、衣類乾燥なのか主な使い道を考える
  2. 除湿器を使って何をしたいのかを考える
  3. 機種を吟味する
  4. 電気代を考えておく
  5. 置き場所を考えておく

使用目的が主に部屋などの除湿なのか、衣類乾燥なのか決めておくことは、重要だと思います。それにより、除湿器なのか衣類乾燥機能がついた除湿器なのか選定できるからです。

除湿器は、小さい物ではないので、置き場所を考えておく必要もあると思います。

除湿器もたくさんの種類がありますので、除湿器自体の価格や買ってからの電気代も考慮すると良いと思います。コンプレッサー式、デジカント式、ハイブリット式があります。

 

f:id:ether8008:20190911122015j:plain

衣類乾燥時の注意点

洗濯物の量により、乾かす場所を選ぶと良いと思います。

大量の洗濯物をお部屋で乾かす場合は、急激に湿度が上がります。乾くまでの間、高湿度状態が続きますので、お部屋やクローゼット内に、湿気が貯まりやすくなります。

お部屋やクローゼット内がカビないように注意して下さい。

説明書を読んで安全な使い方をして下さいね。

衣類乾燥のコツ

狭いスペースですと、早目に乾きます。除湿器の風をあてる位置を時々、変えたり

洗濯物を干す間隔を考えたりすると良いと思います。

私の衣類乾燥の方法は、ハンガーラックに少し間隔を開けて衣類を干します。その上からシーツやバスタオルを被せて狭い空間にして乾かしています。

 

私の場合は、もう少し周りを囲みます。

除湿器の風を取り込む所と風が出る所を、ふさがないようにして干して下さい。

安全な使い方をして、楽しくお使い下さい。

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。