なつすたいる

40前半 女性(夫、子ども2人あり)自由に色々と書いてます。

浴室の汚れを検証して、効率よく掃除する!

今回は、効率的なお風呂掃除の方法です。

 

 

毎日の疲れを取り、心も体もリフレッシュさせてくれる浴室。

でも、高温多湿で汚れやすく、汚れが早い浴室…。お風呂に入りながら、汚れを発見して、何だかイライラ、もやもやしませんか?

 

 

やっぱり毎日キレイなお風呂に入りたいですよね!

 

 

でも、浴室は、毎日お掃除をしていても汚れやすい所だし…。

いつも、高温多湿だし…。広いから、どこから掃除していいのか…。

どんな風にお掃除していいのか…。と、ちょっぴり途方に、くれますよね…。

私だけ?

 

 

そんな悩みを解消すべく!効率的なお風呂掃除について色々と調べてみました。

 

 

場所によって、汚れ方や汚れの種類が違うそうですよ。

汚れの種類に合わせて、洗剤も変えてあげると、軽い力で、時間もかからずに掃除できるそうです。

 

今回も、簡単で時短になりそうな予感です(^-^)

 

 

お風呂掃除のお悩みがある方のお役に立てれば、幸いです。

それでは、検証していきましょう!

 

 

   目 次

 

 

浴室の汚れの種類

 

浴室は、家の中でも一番汚れやすい場所になります。

高温多湿状態が続き、石けんカスや皮脂などの栄養分が豊富でカビが生えやすく、汚れやすい場所になっています。

 

 

浴室にも場所により汚れの種類が違いますので、汚れの種類をしっかりと把握してから、お掃除すると掃除も簡単で時短になります。

 

 

汚れって、ゴシゴシこすっても、なかなか落ちませんよね…。

こするよりも、汚れに合わせた洗剤を使う方が、汚れが中和され浮いてくるので、スルリと簡単に落ちますよ。

 

 

基本的に、アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤を使うと良いです。

酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤を使うと良いです。

汚れがひどい場合は、キッチンペーパーでパックして、時間を置く方法もありますよ。

 

 

石けんカスの汚れ

 

石けん、ボディーソープ、シャンプーなどの石けん成分が原因の汚れ。

思っている以上に、広範囲に飛び散っています。

 

基本的にアルカリ性の汚れです。が…。混合しています。

 

石けんカスは、石けんの成分と水道水に含まれるミネラルが、反応して白く固まった汚れになります。

石けん成分と水が、混ざるとアルカリ性の汚れです。

 

石けん成分と皮脂汚れが、混ざると酸性の汚れになります。

 

場所によって、酸性とアルカリ性の汚れなので、アルカリ性の洗剤か酸性の洗剤。

 

 

 

皮脂汚れ

 

皮脂汚れとは、頭や体を洗ったり、湯舟に使った時に出る皮脂の汚れです。

主に、浴槽、浴槽の壁、床に、つきます。

 

この汚れは、酸性になります。

酸性なので、アルカリ性の洗剤を使うと良いです。

 

 

 

水あか汚れ

 

水垢汚れとは、蛇口や鏡につく白い汚れになります。

鏡が、うっすらと白く曇ったり、じゃぐちが白くポツポツしたり、白く液だれしているような汚れですね。

 

水垢とは、水道水から出るカルシウムとミネラルが固まった物になります。

そのままにしておくと、重なって頑固な白い塊になり、取り除きずらくなります。

おすすめは、うっすらと白いうちに、取り除くことです。

 

水垢汚れは、アルカリ性になるので、酸性の洗剤を使います。

 

 

ピンク色のぬめり

 

ピンク色のぬめりの正体は、赤色酵母!ロドトルラ!と、言うそうです。

水回りには、ロドトルラが、すぐに出ますよね…。しかも、増殖が速い!

 

放置するとカビになるらしいですから…見つけたら、早めに取り除いて下さい。

水で、こすり洗いをして、水きりする。洗剤を使っても、良いです。

 

 

 

黒カビ

 

黒い色をしたポツポツした汚れに、なります。進行が進むと、黒い色が広がります。

 

パッキンや、いつも水にぬれていて、水が切れない床の端。

いつも水が、かかり水が切れない床の下の方。壁の上側にも、ポツポツ。

 

カビの胞子は、定着してから、発芽し、成長をして、胞子を飛ばすそうです。

迷惑ですね…。見つけたら、黒いポツポツのうちに取り除いてしまいましょう。

 

パッキンのカビも根が張らないうちか、根が張っても浅い段階では、取り除けるそうなので、酸素系漂白剤などで試してみて下さいね!

 

1番大切なのは、常に、カビが生えずらい環境にすることです。

 

f:id:ether8008:20190925153642j:plain

汚れは、広範囲です。

 

 

 

 

基本の掃除道具、ブラシ、スポンジについて

 

お風呂掃除の道具は、場所や素材、ご自身にあった物を数種類、選んでみて下さい。

 

たった、それだけのことで、イライラも減り、効率がアップして、お掃除が簡単で楽に、なりますよ!

 

 

例えば…私の場合は、かがむのが苦手なので、基本的には、柄が付いたタイプを選んでいます。

柄がついたタイプは、疲れた時の簡単お掃除にも良いですよ!

 

あとは、アクリルたわしや柔らかいハンディブラシなど。と、数種類用意して使っています。

 

たくさんの物が市販されていますので、楽しんで選んでみて下さいね!

 

 

 

スポンジ

 

 

ナイロン製、アクリル製、ネットタイプのスポンジ、ソフトとハードが両面についているタイプ

 

 

ハンディタイプ柄がついているタイプ、形や、厚さなどさまざまです。

 

 

ハンディタイプは、力が入るので汚れやすい所に活躍します。広範囲が掃除できる。床などに良い。

柄がついているタイプは、毎日の簡単な掃除に便利なのと、高い天井や壁などの掃除にも使えます。

 

 

蛇口やお風呂のイスや洗面器などは、形状が複雑なので、やわらかくて薄いタイプのものが洗いやすいです。

 

 

スポンジは、床などには向かないですが、リフォームしたての方や新築の方には、いいかもしれませんね!

コーティングが、しっかり効いていますから、汚れがすぐに落ちますし、コーティングをはがさない、傷がつかないスポンジは、いいかもしれません。

 

 

ブラシ 

 

ポリプロピレンの極細毛、ポリエチレン樹脂毛などの柔らかいめのブラシは、床やお風呂のふた、ドアのレールなどに。

 

 

柔らかいブラシは、傷がつきずらくて、良いと思います。

 

 

小さくて、目地が細かいブラシなどは、排水口や溝、床の四隅などの汚れが落とせます。

 

 

歯ブラシは、蛇口の付け根やシャンプーなどのボトルの細かい所などに活躍します。

 

 

ブラシですが、掃除する場所の素材をしっかりと確かめてから、使って下さい。

硬いブラシですと、目に見えない傷がたくさんついてしまいます。

その傷に、汚れが入ってしまい、汚れがなかなか落ちなくなります。

結果的に、汚くみえるようになってしまいます。

 

 

 

布類(ぞうきん、ぼろ布、マイクロファイバークロス)

水滴の拭き上げなどに便利です。お掃除の仕上げなどに。

 

 

スクイージー

壁についた、水滴を水切りするために。

水切りをすると、湿度が早めに、下がりやすいです。

 

 

ゴム手袋、マスク、メガネ

排水口掃除や時々掃除や大掃除用などの、漂白剤などを使うときに。

 

 

狭い浴室での、漂白剤の使用は、危険ですので、なるべく安全にお掃除できるようにお使い下さい。

 

 

換気も忘れずに!

 

f:id:ether8008:20190925131408j:plain

集めてみると色々あります。カラフルだと気分が上がります。

今は、床用のハンディブラシを探し中です。良いのが欲しいな。

 

 

 

掃除に必要な洗剤

 

洗剤は、たくさんの種類が販売されています。汚れに合った物をお選び下さい。

軽い力で、すみ短時間で、汚れが落ちます。

 

 

 

中性洗剤

基本的なお風呂の中性洗剤。お風呂全体が洗えます。

 

 

酸性洗剤かクエン酸 

水垢汚れが落とせます。

アルカリ性の汚れが落ちます。

ひどい水垢汚れには、クエン酸水の濃度を上げて、キッチンペーパーなどでパックします。

 

クエン酸が床につくと滑りやすいことがあります。しっかりと水で洗い流して下さい。

 

 

アルカリ性洗剤かセスキ炭酸ソーダ

皮脂汚れが落とせます。

床や壁などに。酸性の汚れが落ちます。

 

 

重曹

粉のまま、浴槽(バスタブ)の落ちにくい汚れに、クレンザーがわりに使えます。

 

重曹は、粒子が細かくて、硬度も割と柔らかい為、クレンザーよりも安心して使えます。(ですが、力強くこすると、傷になると思います。素材にもよりますが…。)

 

ポイントは、重曹をスポンジにつけて、優しくクルクル洗うことです。

 

 

カビ取り剤

黒カビが落とせます。

 

 

塩素系漂白剤、酸素系漂白剤とあります。

液体、粉末、泡タイプなどが、あります。

 

 

混ぜるな危険の表示があります。

注意書きをしっかりと読み安全に、お使い下さい。

 

 

 

その他、市販の洗剤もたくさんありますので、汚れに合わせて、使って見て下さい。

 

すべりやすくなったり、洗剤跡などがつく可能性がありますので…。

洗剤などを使った後は、しっかりと水で洗い流して下さい。

 

 

f:id:ether8008:20190925131427j:plain

 今、使っているものを並べてみました。天然系に凝っています。

 

 

 

お風呂場には、極力、物を置かない。

 

あたりまえなことには、なりますが…。

お風呂場は、常に湿度が高い状態が続くので、物は極力置かない方がいいです。

必要のない物は、浴室の外に出してしまいましょう。

掃除道具も。

 

f:id:ether8008:20190925125252j:plain

今年は、湿度が高くて結構カビてしまいました…。

ぬめりも、ひどかった…。

それなので、ほとんど物を置いていません。この日は、雨だったので、掃除道具は、浴室干しです。

 

 

 

換気は、常にしておく。

 

常に窓を開けることを心掛ける

2か所開けると風の流れが出来るので効果的。例えば、窓とドアなど。

 

 

24時間換気扇を回す

窓が開けられない場合は、換気扇を回したり、脱衣所に除湿器を置いて使うと効果的。

 

 

換気を常にしておくだけで、湿度が下げられて、カビなどの増殖が防げる汚れの進行もストップする。

 

 

結果、掃除が楽になり、掃除の頻度や手間が省ける。

やはり換気は、大事ですね!

 

 

 

基本的な掃除の手順

 

 こちらは、お風呂後の掃除ではなく、基本的なお風呂掃除になります。

 

換気する

 

排水口のごみを取る(乾いている時に、布などで取り除くと手が汚れずに、楽です。)

 

浴室全体にシャワーをして、お湯で汚れ(石けんかすや皮脂汚れ)をふやかす

 

肩から下の扉の内側と壁を、スポンジに洗剤をつけて優しく洗う。一度、流す。

デリケートな壁には、直接洗剤をつけると液だれの、シミがつく可能性があるので注意して下さい。洗剤を薄めて使うことも効果的です。

 

鏡も洗う。蛇口とシャワーも一緒に洗う

 

床もしっかりと洗う

 

浴槽(バスタブ)を洗剤をつけて洗う。円を描くように、くるくると洗う。

 

バス小物を洗う

 

しっかり水で流して、スクイージーなどで水切りして終わりです。

(ご自身で、やりやすいように、順番は、前後しても良いと思います。)

 

 

 

毎日のお風呂掃除で、した方が良いこと

 

お風呂に入り終わったら、付きたての汚れを、浴室が温かいうちに掃除して、しまった方が楽です。

 

 

疲れて、掃除が出来ない時などは、首から下の壁周りを、ぐるっと1周シャワーで流すだけでも効果があります。

カビ防止と湿度対策の為に壁の上側までは、シャワーは、しない方がよいです。

 

 

浴槽を中性洗剤かセスキ炭酸ソーダのスプレーをつけてスポンジなどで、くるくると円を描くように掃除して、しっかりと流します。

 

 

は、汚れが飛ぶ肩から下を洗剤やセスキ炭酸ソーダなどを、スポンジにつけて掃除します。

壁に洗剤を直接つけずに、スポンジに軽くつけてあらいます。濃い洗剤を直接つけるとシミになるので注意。薄めたりして使うなども効果的。

 

 

蛇口や鏡も洗剤やクエン酸をつけて軽くこする。

 

 

も洗剤かセスキ炭酸ソーダをつけてブラシなどでこする。

 

 

しっかり水で流して温度を下げます

最後に軽く拭き上げておしまいです。壁は、スクイージーがおすすめです。

鏡や蛇口は、マイクロファイバークロスが跡が付かないのでおすすめです。

 

 

 

週一回か、時々した方が良い掃除

 

扉のサッシ部分の掃除お風呂の扉排水口普段しない壁拭きお風呂のふた

気になった所やカビ取り

 

 

 

年に数回した方が良い掃除

 

換気扇天井窓ガラスなど普段しない所

 

 

まとめ

 

換気と掃除道具選び、洗剤選びは、大切だなと思いました。

毎日のことなので、それだけでも、簡単、時短になるとおもいました!

これからも、道具と洗剤は、研究?していきたいです。

なるべく、楽な方が好きなので(^-^)

 

 

お掃除に正解は、ないことと、浴室も、さまざまな形状やタイプがありますので…。

ご自身で工夫されながら、無理なくお掃除をして、快適にキレイを保てるようにしてみて下さい。

 

 

また頑固過ぎる汚れを、落とすのは、強い洗剤を使うこととなり、危険も伴いますので、プロの方に一度ご相談されるのも、良いことだと思います。

とにかく安全に、楽しくお掃除して下さいね!

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。