なつすたいる

40前半 女性(夫、子ども2人あり)自由に色々と書いてます。

白くて大きな鳥「キバタン」がペットショップに、いてビックリ!!

f:id:ether8008:20200218171229j:plain

私は、動物全般好きです。

高校生の長女も、私と同じく動物全般が好きです。小学生の長男は、猫推しです。夫は、犬推しだそうです。

 

ホームセンターやデパートなどに行くと、まずペットコーナーに行ってしまいます。

ワンちゃんも猫ちゃんも皆、可愛いですよね!滞在時間は、ちょっと長め。

 

昨年末は、久しぶりに行ったホームセンターのペットコーナーに行ってみたら!

白くて大きな鳥がいて、びっくりしました!!

大きさにも、ビックリしたし!こんな所で、会えるなんて!嬉しかった

 

その鳥は、キバタンと言います。漢字で書くと「黄巴旦」です。

主に、オーストラリアに棲息しています。

 

 

向こうも、こちらが気になってジーっと見て来て

私達が行っちゃうと、一生懸命鳴いて呼び戻そうとしたりして可愛かったです。

店員さんから「キバタン」って、呼ばれているらしくて。

「キバタン」喋って私達に自己紹介?してくれました。

ペットショップのカゴは、狭くてストレスなんでしょうね…。羽を抜いてしまっていました。

 

長女と広い所で、飼ってあげたいね…。可愛がってあげたいね。

 

可愛いのと可哀そうなのとで、長女と飼いたくなり、色々と調べてみました。

でも、鳴き声が大きいので、実際に飼う事は難しいのですが…。

部屋を防音にしないとならないし…。広いスペースも必要だし…。

 

調べてみたらキバタンは、かなり長命だったり、海外では野鳥だったり。頭も良く人懐っこいこともわかりました!

後は、オーストラリアでは、カラフルなインコが普通に、野鳥なんですねー。

行ってみたくなりました!

 

 

ダンスしたり喋ったり、甘えたりするキバタンのことが、すっかり大好きになりました!

 

ペットショップの子は、ずいぶん大きいと思ったら、キバタンの種類の中で一番大きな本キバタンでした。そして、本キバタンの中でも大きい方でした。

 

f:id:ether8008:20200107151814j:plain

 

 

目次

 

 

 

 

 

キバタンについて

 

オウム目オウム科です。

体長は、45~55㎝体重800g前後

 

全身白色くちばしグレーです。

頭には、黄色の特徴的な冠羽(かんむりばね)があります。

オスの目黒いメスの目赤茶色

 

オーストラリア東部パプアニューギニアとその周辺に生息していて、森に住んでいます。

 

 

鳴き声「ギャーギャー」と鳴き、大きく遠くまで届き良く響きます。その為、騒々しく感じるかもしれません。

 

主に、木の実種子を食べます。

 

くちばしの力も強いので、くるみも軽々割れるかもしれません。

キバタンは、硬い木などをかじりたい欲求があるそうです。

 

 

 

 

オーストラリアでは、野鳥です。

日本で言うと、鳩やすずめのような感じで普通に飛んでいるみたいです。

YouTubeで見たら、普通に飛んでいて日本と違い不思議な感じがしました。

 

 

カラフルなインコも普通に飛んでいて

 

 

キバタンは、オーストラリアの穀倉地帯では穀物を食い荒らす為、害鳥扱いの地域もあるそうです。でも政府の許可がないと駆除は出来ないそうです。良かった…。

 

 

 

 

 

世界中ペットとして親しまれているらしい。

社交性が高く喋ったりするので、ペットショップの店頭などでは、人気者!

日本でのキバタンの販売価格は、30万から50万円と価格差があり、お高いです。

 

 ちょうど良いYouTubeが、あったので貼り付けさせて頂きました!

 

性格

とても頭が良く好奇心旺盛陽気です。しゃべったり、ダンスをしたりする子もいます。

人に良く懐きます甘えて来て、なでられるのも好きです。

 

寂しがり屋さんで、ストレスに敏感でストレスがたまると自分の毛を抜いてしまします。

 

 

寿命

彼らは、とても長命です。野生では、20年~40年生きます。

飼育化では、50年~70年と長生きです。上手に飼育すると70年以上生きるそうです。

びっくりです。もしかしたら、私より長生きかもしれません。がんばらないと!!

 

 

キバタンの鳴き声

広い森で暮らしている為、遠くの仲間とコミュニケーションを取れるように、鳴き声は大きい!

 

人間の大きな叫び声と同じくらいなので、防音対策はかかせません。

細やかな愛情コミュニケーションを欠かさなければ、無駄にたくさんは鳴かないと思いますが…。

 

 

キバタンの種類

 

・本キバタン

・ホクゴウキバタン

・アルーキバタン

 

一番大きいのは、本キバタン。次にホクゴウキバタン。一番小さいのがアル―キバタン

だそうです。

本キバタンは、オーストラリアンキバタンとも呼ばれています。

なんか、かっこいい。

 

キバタンの種類は、色々と調べてみたのですが、結局よくわからなくて…。

 

機会があったら、専門家の人に直接質問してみたいと思います。

 

 

 キバタンについてWikipedia

 

 

キバタンを飼育するのに必要な物

 

・防音の部屋

・ゲージ

・ゲージを覆う布

・主食

・新鮮な水

・とまり木

・おもちゃ

 

防音の部屋

キバタンは、大型の鳥鳴き声も大きく、その声は、遠くまで聞こえます。

人と生活するには、少々騒々しく感じる為。ご近所迷惑も考えて飼育する時は、防音の部屋を用意するのをお勧めします。

 

私の家から、200m以上離れたお宅で、九官鳥を飼っていた方がいたのですが。

九官鳥の鳴き声でさえ、うちまで余裕で届き、時には少々騒々しく感じました。

とても、綺麗な鳴き声で素敵なのですが、きっと飼い主さんも時には、ストレスだったと思います。

キバタンは、九官鳥以上の鳴き声だと思います。

 

ゲージ

ゲージは、大き目のゲージか体が大きいのでバードハウスが良いと思います。

知能が高い為、人がゲージを開けているのを見て覚えて、自分で開けてしまうので注意が必要です。

 

くちばしの力が強いので、頑丈なゲージでないと簡単に壊されるそうです。

 

ゲージを覆う布

夜は、ゲージをしっかり布で覆い夜だということを認識させて、しっかり朝まで寝かせてあげましょう。

 

早朝に、鳴きださなくていいかもしれません。

(これは、私の意見なので正しいかどうか、わかりません。インコには有効でした。)

 

主食

オウム用ペレットが主食です。

 

りんごバナナも食べます。

野菜は、こまつ菜チンゲン菜ブロッコリーニンジンかぼちゃなどを食べます。

 

 

ひまわりの種は、おやつ程度にあげる方が良いそうです。脂肪分が多いので、鳥が太ります。

 

 

新鮮な水

人も動物もそうですが、新鮮なお水は、欠かせません。

いつでも、好きな時に飲めるようにしておいて下さいね。

 

とまり木

鳥にとって、ずっと止まっている止まり木は、とても重要で大切になります。

足や爪を痛めないような、大きさの合っている天然木のとまり木を用意してあげて下さい。

 

おもちゃ

 

知能がとても高いので、おもちゃは喜びます。知育玩具ロープなどお勧めです。、

鳥用のおもちゃって、カラフル種類もたくさんあるんですね!知らなかった~。

 

f:id:ether8008:20200107151821j:plain



 

飼うときの注意点

 

アレルギーに注意

事前に入念な飼育計画が必要

 

 

脂粉と呼ばれる。粉状の白い物質が体から落ちます。キバタンがいる場所は、白くなるそうです。

健康な証拠なので良いのですが、お互いの健康の為、毎日のお掃除が必要になります。

 

また、鳥なので細かい羽が飛び散ります。

鳥アレルギーの方やアレルギー体質の方は、注意が必要です。

空気清浄機が必要ですかね。

 

 

お分かりの通り、大型で鳴き声も大きく寿命も長いので、しっかりと計画を立ててから飼う事が必要です。

 

長命なので、自分より長くキバタンが生きることを想定して、子供や孫にお願いできるか確認する。

家族の理解が必要不可欠になります。

 

防音の部屋広めのゲージなどの設備を整えられるのか。

 

毎日細やかな愛情コミュニケーションをとれる時間があるのか

(この時間が取れないと、ストレスをかかえて、自分を噛んだり、自分の羽をむしってしまうそうです。悲しいですね。そして死んでしまう子もいるとか…。)

 

広いスペースで毎日放鳥してあげられるのか

 

 

 

まとめ

 

キバタンは、知能も学習能力も高く、明るく陽気なので、一緒に暮らしたら私達をとても楽しませてくれると思います。

その為、年々人気が高まっているそうです。

 

ですが、やはり飼うには、毎日キバタンにかける時間設備が必要な為に飼育放棄が跡を絶たないのも現実なようです。

 

それは、長命の為に飼い主が病気で先に亡くなってしまったり…。

やむにやまれない事情もあるといいます。

キバタンの悲しい記事を見て私も悲しくなりました。

 

キバタンは、知能が高い故に飼育放棄されると、心に傷を抱えてそれはそれは寂しい思いをしてしまいます。(これは、ストレスで毛抜きをしたり自分自身を噛んでしまうことからわかります。)

 

確かに、キバタンと過ごす毎日は、楽しいでしょうが…。

もし最後まで、お世話を出来る自信がないのなら無理に飼う事は、せずにバードカフェや動物園で触れ合うことも良いですね。

ペットショップのキバタンが良い人とめぐり会えますように!!

 

 

素敵なバードカフェが、各地にあることもわかりました~!

行ってみたーい(^^♪

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました!!

 

*感想は、あくまでも私個人の感想となりますことをご了承下さい。

*丁寧に記事の作成を行っておりますが万が一、間違いがございましたら反省して、すぐに修正させていただきます。
*情報などが新しくなりましたら、その都度加筆修正しています。