なつすたいる

40前半 女性(夫、子ども2人あり)自由に色々と書いてます。

重曹って流行ってるけれど、どうやって使うの?

重曹は、数年前から、手肌と環境に優しくさまざまな場所がお掃除できると流行しています。

 

最近では、100円ショップでも、売り場の全面で売り出し始めました。

こうなったら?レポートしないわけには、いきません!

 

今回は、重曹の性質安全性

重曹の基本的な使い方から、意外な使い方

などを調べて、実際に使ってみることにしました。

 

今回は、子供の夏休みの実験に、使った重曹の残りが家にあったので、それを使うことにしました。

 

f:id:ether8008:20190913102222j:plain

目次

 

重曹って、どんな物?

重曹は、炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)のことです。

CO3炭素 H水素 Naナトリウムから、出来ています。

(製造方法は、ちょっと難しいので…。化学が、お好きな方は、調べてみて下さい。)

 

昔から、あくぬきやふくらし粉などのお料理に、入浴剤、医薬品などと幅広く使われて来ました。

人や環境に優しい性質を持っているので、比較的安心して使えます。

 

f:id:ether8008:20190913102744j:plain

食用にも使える重曹だったので、サラサラで、白くてキレイでした。

重曹の特徴、性質

水に溶けると弱アルカリ性になります。

油汚れ皮脂汚れ手垢などが落とせます。(弱アルカリ性なので、酸性の汚れを中和して落とせます。)

研磨作用油の分解作用弱アルカリ性の酸性汚れの中和作用が、あります。

薬用、食用、工業用(掃除用)とあります。

純度が違う。粒の細かさも違う。用途に合わせて、きちんと選ぶと良い。

小さいお子様がいるご家庭には食用レベルが、より安心。

 

研磨作用がある。でも、硬度が硬すぎない為、傷が付きにくい。

 

匂いの消臭ができる。水分を取り込む性質があるので、湿気も吸ってくれる。

 

 粉のまま使うと研磨作用が一番強いです。重曹水として、簡単な汚れや日常の掃除に使うことが出来ます。

重曹ペーストにすると頑固な汚れを取る。水に溶かしてペースト状に、することにより、弱アルカリ性の汚れ分解効果と研磨効果を狙います。

水に重曹を入れて火にかけ、煮洗いをすることも出来ます。(五徳と鍋の焦げ付きです。)

 

保存方法は、湿気を吸って固まりやすいので、しっかり密閉して、日陰で保管します。

 

重曹の使い道あれこれ

家じゅうのお掃除に使えます。使えない所もあるので、注意してください。

キッチンのお掃除コンロの油汚れ五徳グリル食器洗いまな板茶渋取りポットの汚れ鍋の焦げ付き

鍋の焦げ付きと五徳は、煮洗いも可能

 

f:id:ether8008:20190913102859j:plain

キッチンの天板に、重曹がこぼれたので、少し水をつけて、こすってみました。

f:id:ether8008:20190913102928j:plain

軽い力で、表面の汚れが落ちたのでビックリ!しました。さすがに、シミは取れなかったけれど…。粒が細かいので、クレンザーよりも安心して使えました。

 

f:id:ether8008:20190913103115j:plain

キッチンのシンクです。この頑固な金属のような汚れですが、いろいろ試したけれど、落ちなかったものです。

 

f:id:ether8008:20190913103156j:plain

 

今回も、もちろん落とせないと思いましたが…。意外や意外!

重曹をつけて、10分くらいこすったら落ちましたー!やったー!嬉しい(^-^)

f:id:ether8008:20190913104119j:plain

蛇口の下の方も数分こすったら…。

f:id:ether8008:20190913103822j:plain

ぴかぴかに!嘘でしょ?!簡単に落ちました。以外な所がキレイになってびっくりしました。

ですが、IHヒーターの上の汚れは、まったく変わりませんでした。

 

 

お風呂掃除 浴槽 床 

f:id:ether8008:20190913103701j:plain

お風呂の浴槽です。お湯が張られた時の一番上に黄色いシミが、線になって出来ていました。

洗剤でおちなくて困っていましたが、重曹をつけて、数分こすったら…。なんとキレイになりました!嬉しい(^-^)

ザラザラも取れて、ツルツルした感触が戻りました

(写真で黄色いシミが、よく写らなかったので、キレイになった所を一応のせてみました。ビフォーアフターが、見せられなくてすみません。)

 

トイレ掃除 スプレーボトルを作り使う

 

カーペットの掃除 粉を直接振りかけて、数時間置いてから、掃除機で吸ったりする。

 

犬のドライシャワー 

シャンプーできないときの代用にもなります。ただ、塩分が強いため、気を付けなければいけません。

 

脱臭、消臭  

冷蔵庫の中(使用目安2~3か月程度)

生ごみに直接振りかけて匂いを消す。 靴などの消臭に。

 

洗濯に使える。 洗浄力、消臭力、がアップする。洋服の脱臭、消臭。柔軟剤の効果がある。毛(ウール)の洗濯ができる。

洗濯機によっては、使えない。重曹が解けずに詰まる為。

 

入浴剤はみがき虫刺されボディスクラブバスボムかかとケア

研磨作用があるので、慎重に使って下さい。

 

ブラシメイク用品の汚れ落とし

 

手の匂い取り 粉を直接振りかけて洗う。

 

除草も出来る。 一般の人がやるのは、難しい

植物の消毒 何倍にも薄めて使う。植物を枯らす恐れがあるので、慎重にやる

 

お料理に使う お魚の臭み消し。お肉を柔らかくする。 

お豆を柔らかくする。山菜のあく抜きに。ふくらし粉。お好み焼きやオムレツをふんわりさせる。

いかやエビをぷりぷりさせる。天ぷらの衣にいれるとサクサクする。

 

その他まだまだ数えきれないほどあります。

 

重曹の得意なこと

油汚れを落とすこと。皮脂汚れ手あか汚れを落とすこと

鍋の焦げ付きを落とす。

匂いを取ることは、得意で生ごみの匂いや靴の匂いなど、カーテンについた匂いもとれる。(アンモニア臭だけは、苦手。)

 

重曹の苦手なこと

水垢は、アルカリ性の為、中和できない。

アンモニア臭、重曹は、アルカリ性でアンモニア臭も、アルカリ性の為中和できない。

アルカリ性の汚れは、落とせない

酸性汚れは、アルカリ性で落としアルカリ性の汚れは、酸性で落とします

汚れが落ちる仕組みは、反対の性質を持つ物質で、汚れを中和させて浮かせて落としす。)

 

重曹を使ってはいけないもの

アルミ製品銅製品は、黒く変色するため避けて下さい。

 

木製のもので、まな板木製の風呂フローリング家具は、黒ずむ可能性があります。

 

貴金属、宝飾品、陶磁器、漆器、大理石、クリスタルには、傷をつける恐れがあるので使わないでください。

 

畳やゴザは、変色してしまいます。

 

 

重曹の注意点

重曹に熱湯をかけたり、重曹液を沸騰させると泡が発生するので注意する。(有毒性はないので大丈夫)

 

研磨作用があるので、表面が傷つかないようにする。(力を入れ過ぎない。目立たない所で試してから使う。)

 

重曹液を使うと乾いた後に白く重曹が残ることがあるので、最後に水ぶきをするか、水でよく流す。

 

長時間のお掃除には、手袋が必要です。(手の表面のタンパク質をとかす恐れがあります。)

 

 

重曹の使い方、作り方

粉のまま

重曹液をスプレーボトルに入れて

重曹ペースト

 

粉のまま

振りかけて、スポンジやラップで、くるくる軽くこすって研磨して汚れを落とす。(柔らかい素材には、力を入れ過ぎない。傷がつく恐れがあるので。)

 

f:id:ether8008:20190913102420j:plain

重曹液

スプレーボトルに、水と重曹を入れてとかします。

(水と重曹の量は、買ってきたパッケージを見て作って下さい。)

水だと少し溶けにくいので、人肌くらいのお湯だとよく溶けます。

日常のお掃除に活躍します。

 

f:id:ether8008:20190913102459j:plain

このパッケージには、水200mlと重曹大さじ1で作ると書いてありました。

f:id:ether8008:20190913102540j:plain

f:id:ether8008:20190913102617j:plain

やはり、水ですと白残りしますね!温かめのお湯で、溶かして下さい。

 

 

重曹ペースト

頑固な汚れに対応します。

パッケージには、重曹3、水1の割合で、混ぜると書いてあります。カビには、酸素系の漂白剤を混ぜることも可能です。

 

f:id:ether8008:20190913102652j:plain

使ってみた感想

スプレーやペーストを、作るのは材料さえ揃えれば楽だし、意外と簡単でした!

そして、意外な汚れが落とせて楽しかったです(^-^)

 

重曹スプレーを作っておけば、日常のお掃除に使えるなと思いました。

私もキッチンやお風呂場でスプレーにして使ってみましたが、簡単な汚れは落とせました。

 

そして、重曹は、沢山入っているので、沢山使えて、お得ですね!

簡単、時短、節約?そしてエコでした。

 

重曹の使い道と使い方は、たくさんありますので…。少しづつ、覚えていこうと思いました。

 

落とせない汚れもあるので、その場合は、クエン酸や酸素系漂白剤を使います。

 

それでも、落とせない頑固すぎる汚れは、重曹は、弱アルカリ性の為、落とせないです。

強アルカリ性だと落とせると思います。(強い洗剤は、扱いが難しく大変危険な為、その場合は、プロにお願いする。)

自己判断で強い洗剤を使うと、危険なことと、素材を痛めることになります。

後悔しないように慎重に!

 

重曹の使い方や使い道は、まだまだ沢山あります。

その都度、考えながら用法、用量、使い方を守って安全に楽しくお使い下さい。

お肌に使う場合は、肌を傷つけないようにして下さいね。

煮洗いなどは、やけどにもご注意下さい。

 

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。